お金を借りる人に目星をつけておく重要性

消費者金融などからお金を借りることができなかったり、あまり信用していなかったりする人が、友人知人家族などからお金を借りることが多々あります。その際、闇雲に借金の依頼をしたとしも自らの信用を損ねるだけでなく、そこから悪い噂が波及し、最終的には誰からも関係性を持とうとしてくれないような存在になり下がってしまいます。こうなってしまうと取り返しがつかないことになり、挽回するにはかなりの時間と労力をかけることになってしまいます。そのため、お金を人から借りる場合には最初に目星をつけておくということが何よりも重要です。

一番気をつけたいことは、お金を借りることを伝えてから絶縁されること、そして、そこから他の人に噂が出回ることです。そうならないためには、関係性を構築しておくことが重要です。頼りにしている友人からの依頼だとなかなか断れず、これを断ると関係性が絶たれてしまうかもしれないという苦しみをその人も味わうことになり、関係性を維持するためにお金を貸してくれるというケースも少なからず存在します。つまり、何の関係性もない相手に対し、お金を借りることを願い出ても、当然ながら相手は警戒し、貸してくれるはずもないのです。この人ならばお金を貸してくれるかもしれないという存在を見つけておいて、いつかお金を借りることができるようにしておくことが大事です。

実際にお金を借りることができる存在にするには、普段から信用を積み重ねることも大事ですが、それ以前にきっちりした関係性、ルーズな間柄にはしないということを徹底するだけでも十分効果的です。こいつなら何をしてもいいだろう、何を言っても大丈夫だろうということをしていると、大事なところで意に反する行動をとってくることになります。常に義理を欠かさない、そして、敬意をもって接するということを誰に対しても心がけておくと、どうしてもお金が必要になった時に手を差し伸べる存在が現れます。