キャッシングと、その法律について

近年注目を集めている金融商品の中にキャッシングサービスと呼ばれるものが存在しています。他の融資に比べて比較的契約しやすく、自由度も高いと言う点が高い人気の秘密になっています。(キャッシング比較で人気のホームページ

様々なキャッシングサービスがありますが、専用のローンカードを利用すればいつでも自由にお金の出し入れができるカードローンが人気となっています。しかしながらこのキャッシングサービスを利用するにあたっては利用することができる金額に上限が設定されていると言う点に注目しなければなりません。いわゆる借入限度額と言うものが存在していますので注意が必要なのです。

この借入限度額と言うのは金融機関側が設定するものであるといえますが、法律的な根拠も存在していることが広く知られています。例えば消費者金融などが提供しているカードローン等においては貸金業法における総量規制と呼ばれる法律が適用されています。

この法律は借り入れを行う者の年収に対して3分の1以上の融資は行ってはいけないと言う法律です。そのため契約することができる上限金額については希望が通らないケースも少なくありません。この貸金業法は様々な金融機関が該当します。

キャッシングサービスを提供している金融機関としては、消費者金融のほかにクレジットカードを発行している信販会社なども該当します。クレジットカードに付帯するキャッシングサービスの場合にもこの仕組みが該当するのです。一方で銀行の場合にはこのルールが適用されません。銀行には銀行法と呼ばれる別の法律が存在しており、その仕組みに沿って契約が行われているのです。

銀行では年収の3分の1などのような明確な基準が存在しているわけではありませんが、返済能力を超えることのないような範囲で契約可能な仕組みが構築されるのが一般的であるといえます。キャッシングサービスの場合には、借入限度額が比較的低い水準に設定されるのが一般的であるといえます。